ターニング(立形旋盤)加工

ターニング(立形旋盤)加工

ターニング(立形旋盤)加工

ターニング(立形旋盤)は、テーブルにセットしたワークに対して垂直に主軸が下りてくる旋盤です。そのため、長さに対して径の大きい、主にリングや円盤状のワークを旋削する際に用いられます。一般的にφ600を超えるワークは横旋盤より立旋盤の方が精度良く加工できます。

大型のターニングは高価なため保有している会社は少ないですが、中でも弊社はNASAが認める高精度・高剛性て定評のあるオーエム製作所製の最新型をφ2000を含め3台保有しています。

ターニング(立形旋盤)の加工事例

エンバン

製品名 エンバン
用途 射出成形機
材質 SUS410 (溶断品)
サイズ φ1400 X 70.4
工程 ターニング→門型マシニング(穴)

ケーシング

製品名 ケーシング
用途 プレス機
材質 FC250
サイズ φ750 X 253
工程 ターニング→立形マシニング(穴)

ハウジング

製品名 ハウジング
用途 大型立形マシニング
材質 FC300
サイズ φ903 X 92
工程 ターニング→門型マシニング(穴)

クロックリング

製品名 クロックリング
用途 プラント設備
材質 SUS410 (鍛造品)
サイズ φ1800 X 150
工程 ターニング

RING PLATE

製品名 RING PLATE
用途 自動車製造設備
材質 SS400
サイズ φ683 X 17
工程 ターニング→門型マシニング

内輪

製品名 旋回ベアリング内輪
用途 産業用ロボット
材質 SUJ3
サイズ φ1161.5 X 111
工程 ターニング→門型マシニング

ディスクフィルタ

製品名 ディスクフィルタ
用途 真空凍結乾燥機
材質 SUS304
サイズ φ1190 X 22.5
工程 ターニング→門型マシニング

主軸キャリア

製品名 主軸キャリア
用途 多軸マシニングセンタ
材質 FC250
サイズ φ985 X 577.5
工程 ターニング